- 私たちは知的障がい者(児)を持つ子の親の会です-

 
電話でのお問い合わせは TEL:078-515-5242
神戸市手をつなぐ育成会 事務局まで

Information
一般社団法人
 神戸市手をつなぐ育成会

〒653-0014
神戸市長田区御蔵通4-205-2
     育成会会館1階

TEL.078-515-5242
FAX.078-515-5244








ぽっぷこーんの保護者の 評価表はこちら

ぽっぷこーんの 自己評価表はこちら

神戸市手をつなぐ育成会のホームページへようこそ。 

一般社団法人 神戸市手をつなぐ育成会は、昭和32年に「神戸市手をつなぐ親の会」として106の家族で組織されました。昭和50年には兵庫県より社団法人の認可を受け、現在、1000名弱の会員と共に、約100名の賛助会員を有し、昨年度には結成60周年を迎えた歴史ある運動・活動団体です。会設立当初は、知的障害のある人たちは教育を受ける権利すらなく、当時は教育の保障が最大の目的でした。
 その後、知的障害者年金制度や特殊学級制度、福祉乗車証に
JR運賃割引、成年被後見人選挙権回復等、法制度や福祉サービス等をつくるための様々な運動を展開してまいりました。更には、高等部卒業後の進路先として社会福祉法人を設立し、施設整備等も積極的に行ってまいりました。

 ここでは当会の事業・活動等や当会が設立に寄与した関連団体の(福)新緑福祉会、(福)神戸育成会、㈱いくせいについて、その概略などを紹介いたします。

  

ごあいさつ 

  私たち、知的障害者児の親の会は、「福祉」という概念すらなかった設立当初より、本人達が住み慣れた地域で安心安全に当たり前に暮らしていける社会を目指して、運動体として事業体として活動してまいりました。

先人達の努力や社会状況の変化もあり、以前と比べると社会資源や法制度、福祉サービス等も充実しつつあるようにも見受けられますが、「親なきあと」を考えた時、住まいの場整備も不充分な上に、障害者に対する差別や偏見、虐待等も後をたたず、我が子を託せる社会とはほど遠い現実となっております。

 た、昨今の新たな課題として、「親子の高齢化」と共に、「本人の重度化・高齢化」が顕著になってきており、当会では、その対応策として「取り組もう!親なきあとは親あるうちに」をスローガンに、ハードソフト両面において様々な活動を展開しております。そして、この度、重度高齢化する本人の住まいの場として、しあわせの村に20人定員のグループホーム「えみのき(咲の樹)」を建設いたしました。

「障害者総合支援法」3年後の見直しが行われ、今年度より実施される報酬改定のもと、障害福祉も大きな転換期を迎えます。真の意味での「共生社会」の実現に向け、社会の動向を見据えながら、本人たちにとって、より良きものとなるよう声をあげていきたいと思います。

 皆様も会員として、また賛助会員として、是非お仲間に加わっていただき、ご支援いただきますよう、どうかよろしくお願い申しあげます。


一般社団法人 神戸市手をつなぐ育成会
会長   後藤 久美子



平成29年度 一般社団法人 神戸手をつなぐ育成会 組織図⇐ここクリック
福祉事業部


育成会相談
    支援事業所 つなぐ

  ・会員事業
・市受託事業


 
部会活動部
・会員拡大活動
・地域交流活動
・バザー活動
・広報活動
・合同レクリェーション活動

・進路情報提供活動
・子育て支援活動
(家族支援・障害認識
 プロジェクト活動
・ワーキングサポート活動
・相談ネット9活動

・成年後見相談活動
・本人活動(青年会元気)
休日支援活動(My夢)
        
制度検討部
部会活動部
危機管理部会 高齢対策部会
  ・要望活動
 ・情報伝達活動
   ・防災対策活動  ・研修活動
・余暇活動(俳画・体操など)
・願いの記録作成活動
       
 ライフサポート事業検討委員会
 ・住まいの場整備推進事業
 (株)いくせい福祉就労社員処遇検討委員会

 神戸市手をつなぐ育成会事業所協議会

    
 


 copyraihtⒸ2002-2012 一般社団法人神戸市手をつなぐ育成会 all right reserved